ご購入までの流れ

ステップ1 ご購入の相談

まずは購入目的、ご希望条件をお聞かせください。

ご希望条件を整理し優先順位をつけてご相談いただけますと、

物件のご紹介やアドバイスなどをスムーズに行えます。

 

購入するのは新築住宅? 中古住宅? それとも土地を買って建築?

予算は? 住宅ローンは? 毎月の返済額はいくらまで?

場所は? 広さは?  日当たりは? 学区は大丈夫?

などなど、まずは何を優先するのかを考えメモをしましょう。

ステップ2 資金計画

「どのくらいの金額の物件を購入できるのか?」を知るためには、

資金計画を立てることが大切です。まず不動産の購入に必要な金額は、

 

不動産価格+諸経費

 

となり、自動車などと一緒で本体価格以外にも費用がかかります。

諸経費とは、契約書に貼付する印紙代、登記費用、固定資産税の清算金、

金融機関の保証料、火災保険料、仲介手数料など、

物件・条件によって異なりますので、詳細については担当営業にご相談下さい。

基本的に諸経費は現金にてお支払いをします。

不動産価格を全て住宅ローンで賄うのか、一部現金にてお支払いするのか。

支払条件についてもじっくり煮詰めましょう。

ステップ3 物件の見学・内覧

ご希望の予算・条件にそって物件をご紹介させていただきます。

気になる物件は実際見てみましょう!

現地まで当社スタッフがご案内いたします。

 

例えば・・・

「図面を見たときはとても良い物件に思えたのに、実際見てみるとイメージと違う」

「図面だけだとイマイチなのに、実際見てみると環境も良く過ごしやすそうだ」

と、感じることがございます。

図面では分からない情報が現地には溢れていますので、ぜひご覧ください。

ステップ4 物件のお申し込み

購入を決めた物件がございましたら、「申込書」を売主様に提示いたします。

 

「申込書」は署名・押印し、購入希望価格・条件をご記入いただき、

売主様に対して書面にて購入の意思を示すものです。

担当営業と相談の上、「申込書」を作成しましょう。

 

「申込書」を提示しましたら売主側と売買契約に向けて交渉・調整いたします。

購入希望価格・条件によっては交渉・調整にお時間がかかる場合がございます。

ステップ5 事前審査

「申込書」を提出し、売主様との交渉・調整をしている期間に、

住宅ローンの事前審査を行います。

  ■事前審査に必要なもの

  1.本人確認資料

  2.給与取得者:源泉徴収票(前年分)

    自営業の方:決算報告書(3年分)

その他金融機関が指定する書類と申込書を提出し、審査となります。

事前審査の結果は約1~2週間かかります。

 

ステップ6 不動産売買契約・重要事項説明書

価格・条件について合意をしましたら、不動産売買契約を結びます。

  ■不動産売買契約時に必要なもの

  1.実印

  2.契約書貼付印紙 10,000円(1,000万円を超え、5,000万円以下の場合)

  3.手付金

  4.本人確認資料(運転免許証、健康保険証など)

  5.住宅ローン申込書類

 

不動産売買契約の前に、

まずは宅地建物取引士より重要事項の説明をいたします。(当社は3名在籍)

ご購入物件に関する条件を分かりやすく説明。

内容をご理解していただいた上で、重要事項説明書に署名・押印をいただきます。

ステップ7 住宅ローン本申し込み・金銭消費貸借契約

不動産売買契約を締結しましたら、金融機関に住宅ローンの申し込みをします。

通常約1~2週間ほどで承認となります。

 

承認が下りましたら、金融機関と住宅ローンを借り入れる契約を結びます。

これによって正式に住宅ローンの借入金額が決定し、

決済後から住宅ローンのお支払いがスタートいたします。

ステップ8 決済・お引き渡し

決済・お引き渡しの手続きは、主に買主指定の金融機関にて行います。

当日は司法書士様が立会人となります。

 

買主様は金融機関から振り込まれた指定の融資額をもって、

売主様にお支払いをします。

 

売主様は買主様に権利を譲渡する手続きをし、

建物がある場合は鍵等のお引き渡しがございます。

また大半の諸経費のお支払いも決済時に行います。

 

以上が「ご購入までの流れ」になります。